斬月見てきたよ。

 

 

先日、仮面ライダー斬月を見てきました。

 

私は萩谷くんを観に行った人間で、仮面ライダーの世界そのものを楽しむというよりも萩谷くんを中心に観ていたのか、萩谷くんとその状況にストーリーが重なっていろいろなことを感じた舞台でした。


萩ちゃん完全に俳優さんだったなあ。
萩ちゃんが演技するところ初めて見たけど、上手だった。
特にアイムの叫びのところ。

心の底から叫んでいて魂が伝わってきた。


歪んだ世界からリスタートするアイムが萩ちゃんと重なって、このタイミングでこの舞台を見れて良かったと思う。

 


萩ちゃんから責任感とかプロ意識が伝わってきて、会えない1年間で成長してるのがバチバチに伝わってきた。

 

こんなにひとりひとりがスキルアップしてて、これでまた7人が再集合したらどんな強力なグループなんだ?と思わずにはいられなかった。

 


萩ちゃんは7人の中で1番最初にリスタートして、先陣を切って。

 

いろんなプレッシャーや周囲の期待、良くも悪くも注目を浴びる。

 

これまでずっと、そういう先陣を切るというのは比較的安井くんがやるイメージだったから、それを受け止めた萩ちゃんは、ひとりで活動するこの期間にまた成長していくんだなと思った。

 

そしてそのリスタートがただのリスタートではなくていろんな人から賞賛されていくのを見て、どんな経験も幅にしていくのだなあと感じた。


これまでとは違う新しい世界でステップアップしてる萩ちゃんを見れて良かった。

 

本当は1回きりの観劇予定だったけど、舞台が良すぎて急遽もう1回観に行くので、次はそれまでにもう少し仮面ライダーのことも勉強して行きたい。