Love-tuneに会いたい。

 

先日行われた、MステスペシャルでのJohnny's mini Islandを見た。

 

50人超もジャニーズJr.が出るのなら、Love-tuneも出るのじゃないかと心のどこかで期待していた。

 

期待ははずれてLove-tuneは出なかった。

 

そして、見ながら今年もアイランドやるのかなあと思っていたら、案の定今年も発表された。

 

またしても、そこにLove-tuneの名前はなかった。

 

Love-tuneに会いたい。

みなさまお元気ですか?

何してますか?

 

もう雑誌にも載らなくなってしまったので、らじらー!で安井くんが近況を話すことだけが頼り。

 

私のブログの下書きに昨年の7月の記事が残っていた。

昨日とは2017年7月29日のこと。

 

昨日らじらーを聞いていて。
オープニングのあとに優斗くんが、

#nhkらじらー のハッシュタグのツイートを見ながら、

「謙ちゃんへの“Love-tune liveおめでとう”ツイートばっかり。」
「先週も謙ちゃんの誕生日だったし。」

というような発言をしていて。

 

同じジャニーズJr.という括りであっても格差があるなあと思ったし、そこへのゆうぴーの悔しさを感じた。

 

それから1年経った今では、すっかり立場が逆になっちゃったなあなんて思った。

 

どんどん新しい仕事が決まり、舞台でも良い役をもらえるHi Hi Jets、ゆうぴーと、

3月のJr.祭り以降、新しい仕事が決まらないLove-tune

 

なぜLove-tuneだけこんなに干されるんだろうか。

あんなに幸せなライブをするグループが、どうしてライブをさせてもらえないんだろう。

どうして雑誌にも載せてもらえないんだろう。

 

唯一の希望は、まだLove-tuneというグループが存在していること。

 

Love-tuneというグループが過去のものになってしまったら、もう要望葉書を書くことは出来ないし、もう二度と7人の集まった姿は見れなくなるのかもしれないと思うと、まだまだLove-tuneという名前を書くことができるだけ幸せなのかもしれない。

 

タッキーがスタッフになってくれたら状況は変わるのだろうか。

来年はまた、Love-tuneを見れるだろうか。