現実とアイドルとの狭間で。

 

私のアイドルへの愛はいつも猪突猛進で、重い。

すぐリア恋になっちゃうんだと思う。

 

好きなジャニーズが出来るとすぐ、Twitterのアカウントを作り、ブログを作り、雑誌を買い、出演番組を録画しては永遠と見るような生活をしてしまう。

 

ほら、今だって、本当は通勤電車のなかで新聞読まなくちゃいけないのにこうしてブログの記事を書いてる。

 

オタクでありながら、ちゃんと現実を見れる人が羨ましい。

毎日やるべきことをおろそかにせず、彼氏がいるとか、仕事で昇進するとか、オタク以外の普通の友達ともコンスタントに会うとか。

 

私はそういう風に現実とうまくバランスをとりながらオタクが出来ない。

 

一度オタクになる度に、その好きな人が自分の全てになってしまう。

 

ジャニオタになったこの1年の間で、私の行動パターンは変わってしまった。

 

もともと首都圏の田舎の地域に住んでいて、あまり東京へ行くことも無かったのに、ジャニショがある原宿が大好きになったし、雑誌のロケ地だとか目情があった場所にすぐ行くようになった。

 

何も用事が無いのに、都内に出掛けてはLove-tuneの思い出に浸ってしまう。

渋谷、有楽町、六本木。。。

つい面影を探してしまう。

 

自分にとってアイドルは非現実的な存在で、異世界の人みたいなのに、日本のどこかに戸籍があって、住民票があって、納税して、ちゃんと同じ日本人として生きていて、都内で生活してる。

目情があるたびに同じ人間であることを痛感させられ、それなのに気軽に会えないことに辛くなる。

 

いっそアニメのキャラクターを好きになってた方が幸せだったかもしれないのにと思ったこともある。

次元が違った方がまだ諦めがついたのに。

 

自分が首都圏に住んでるからこんなに愛が重くなるのだろうか、もういっそ地方に住んで物理的にもアイドルと距離を置いたほうがいいのではないかとも考えた。

 

Twitterのアカウントも消してオタ卒してしまおうかとも考えた。

 

ただ、人の人生を一部でも応援させてもらっている以上、じゃあ簡単に“はい、オタ卒します。”なんて言えない。

人の人生をいい加減になんてできない。

私には最後まで見届けさせてもらう権利と義務があるのだ。

 

 

アイドルを応援することは私の人生の全てであっちゃいけない。

私は私の人生を歩かなくちゃいけない。

 

でもどうしても重くリア恋になってしまう自分がいる。

 

どうすれば良いんだろうなあ。

そんなバランスの取り方を模索する2年目。

 

 

 

きっと君も誰かのスーパーヒーロー

 

3月25日 ジュニア祭りLove-tune単独公演に行って来ました。

 

 

改めてLove-tuneが好きだあと思ったライブでした。

 

ライブに行って、ちゃんとLove-tuneとファンが繋がってるんだなあと思いました。
一方方向じゃないんだと感じるというか。

 Love-tuneとファンがひとつになってるなあと感じました。


一体感という言葉とはちょっと違う気がするし、依存するという言葉でもないんだけど、
共生?してることを感じるみたいな?
Love-tuneにとってもファンとっても、お互いにお互いが欠けちゃいけない存在なんだなあというのをすごく感じました。


そんな瞬間があるからやっぱり応援することって辞められないなあと思います。
ものすごくあったかい気持ちになる。

 

横アリと言ってすぐに思い付くのが昨年の夏のえび魂で、えび魂で見たリフターにLove-tuneが立ってる。トロッコに乗ってる。
もうそれだけで幸せでした。

 

7人しかいない横アリ。

バックのジュニアも他のグループもいなくて。

本当に7人だけ。

 

広い会場で7人だけだって閑散としないかなあとか勝手に不安になっていたけど全くそんなことなかった。

 

CALLのHey!の合いの手とか
T.W.Lの「どーもこーもないよ」の台詞をファンが言ったときのモロの満足そうな顔とか、
「ペンラ置け~」がNo Way Outの合図だとか、
お決まりになってきたことが少しずつ増えたのが嬉しい。

 

増えていく思い出を忘れないように
半分持たせてもらってるなあと思います。

 

「喜怒哀楽でまだ喜だけやってないよね?

皆が喜ぶことやるよ!新曲やります!!」

って安井くんが言って新曲やってくれて。

 

すごく嬉しかった。

やっぱり、Love-tuneは私たちファンのこと裏切らない。期待以上のことをいつもしてくれるなって思った。

 

新曲はもう昔から知ってたような。
明るくてはっちゃけててとにかくLove-tuneに似合ってて、しっくりきた曲でした。

 

実はLove-tuneのライブに行ったのはキントレ振りで、Zeppも行けなかった、湾岸も行けなかった私は、This is Love Songの2番すら知らなくて、烈火も初めてパフォーマンス見て、本当はライブ中に少しだけ疎外感を感じていました。

知ってるのに知らない、みたいな。

 

でもね、今回はこの新曲の披露に立ち会えた。

よかったなあと思いました。

ずっとライブに行けなかったファンのことも見捨てないでいてくれた気がして。

それが嬉しかったです。

救われちゃったな。

 

千賀くんのコメントにもあったけれど、

少しずつライブ会場の規模が大きくなって、
成長と同時に寂しさも感じました。

 

そして、特にスタンド席だったからかもしれないけど、その中でも私の周りだけなのかもしれないけど、あんまり声出てないなあと思ったし自分達のまわりの人もそんなにがっついて熱狂的なタイプじゃなくて。

 

それに飲まれて自分もちょっと遠慮してしまったのが心残り。

今後はもっと声だして、頑張りたいなあと思います。

 

そんな反省を踏まえながら、次回のライブのお知らせを楽しみに待っていようと思います。

 

 

Keep on Dream on

 

真田くんを好きになってもうすぐ1年になります。

約1年応援してみて、ステージの上で輝く真田くんを見て好きだなあと思うし、こんなに会いたいと思う人って真田くんが初めてじゃないかなあと思う。

そして、初めは名前しか知らなかったLove-tuneをこんなにも好きになるなんてね。

 

日常に楽しみができた。

ちゃんとしたファンでいたいなあと思って今まで以上に身支度に気を配るようになったし、自分も仕事を頑張るようになった。

 

その反面、誰かのファンでいることは楽しいことやポジティブなことだけじゃないというのも感じた。

 

特に、気持ちとお金と時間を注ぎすぎてしまうこと。

公演が決まるとわくわくして。

チケット取るためにそわそわして。

チケット申し込んでも全滅して嫌になったこともあるし、一般発売の日に1時間くらい電話かけてもチケット取れなくて、この1時間何やってたんだ。と時間を無駄に過ごしてしまった気持ちになったこともあった。

写真とかグッズ買わなかったらもっと、貯金あったんだろうな、なんて思ったこともあった。

同い年の友達が続々と結婚し始める中、私は良い年してアイドルおたくかよって自分で自分のことが嫌いになったし、必死に応援して得たものは何?応援してる暇あるなら現実見て資格でも取ったら?なんて自分を責める時もあった。

 

特に、ここ最近ずっと応援することへのマイナス面が気になって、アイドルを応援する自分がちょっとずつ嫌になってきて、一度応援することから距離をおこうかなあと考えていた。

 

そんなモチベーションの中、週末のらじらー!で安井くんが、来週のライブでキスマイのDream onやります!
歌って欲しいところがあります!って言ってくれた。

 

歌詞を見て、泣きそうになった。

 

限りない夢を 追いかけていくから

掴みとるまで Dream on Dream on

憧れはほら その声に導かれ

辿り着くまで Keep on Dream on

 

私がこうして時に応援することが辛くなるように、私が真田くんに、Love-tuneに、ずっと輝いてて欲しいと願うことが彼らにとっても時に楽しいだけでなく、時に負担になるのかもしれないなと思った。

そんなお互いのいろんな思いを受け止めた上でのきっとこの曲なんだと思った。

 

お互いに楽しいことばかりじゃないけど、それでも彼らは夢を追い続けていくし、私はすこしでも力になりたいと思いながらそれを応援するんだ。

支え合いながらお互いに人生を歩いていくんだ。

 

こうやって彼らが私たちの応援を理解してくれて受け止めてくれて、その先の未来へ連れていこうとしてくれるから、私もまた応援させてもらいたくなるんだ。

 

安井くんのらじらー!での一言が私にあたたかい気持ちを取り戻してくれた。

やっぱりまだまだファンで居させてください。

 

横アリが楽しみだー!!!

君に会えて良かった。


2017年ももう終わりということで、今年を振り返ってみようと思います。

なんと言っても、真田佑馬くんのファンになったことが自分のなかで大きな変化でした。

4月の少クラのDREAMIN'‼にはじまり。

5月、当たるかどうかよりも、当日券の抽選の列に並ぶために通った初めてのシアタークリエ。
銀座駅からクリエに向かうために何度も通り抜けたお陰で、銀座ファイブに詳しくなった。
銀座シックスは全くわからないけど。笑

ジュニア情報局に初めて入会して、チケットの申し込み方法すらよくわからず、1公演しか申し込まなかったら見事に落選したKING'S TREASUREの公演。

そして同じくKING'S TREASUREの一般が6月。
もう無理だろうとなんども思う気持ちと、まだチケットはあるはずというわずかな希望と戦いながら、1時間電話を架け続けてようやく取れたチケット。
めっちゃくっちゃ嬉しかったなあ。

8月、ドキドキしながら六本木に行って、EXシアターの暗闇のなかで下手の後ろの方から初めて見たLove-tune
初めて生で見た真田くん。
Amazing Discoveryでセンターで踊る真田くんめっちゃ生き生きしてたなあ。
あの日の興奮は人生で忘れることはないだろうな。

さらに、たまたま会社の有給が取れて運良く見れたA.B.C-Zの横アリ。
些細なところでも真田くんが見れるだけで嬉しかったなあ。

8月ラストは橋パラ。
情報局で初めてチケットが取れて、コンビニのチケットとは違うかわいいチケットに自分の名前が入ってることにテンション上がったなあ。
真田くんが出てきたときに一気に体温が上がって興奮して、私がワクワクする人はやっぱり真田くんだって思った。

楽しかった夏の一方で、チケットが当たらず行けなかった秋冬の現場。

まさか帝国劇場の柱にあんなに必死になるなんて思わなかったなあ。
グッズ買いに行くだけなのに精一杯おしゃれして。
必死に柱を写真に収めた9月。

チケット無いのにZeppに通った10月。
Zepp Diversityというバンドグループらしい場所で、全てがLove-tuneのために準備されるということがとても幸せだった。
単独ライブが迫るにつれて雑誌のインタビューとかも増えて嬉しかったな。
どうしても単独Liveに行きたくて、葉書も書いたなあ。

真田くんのお誕生日の11月。
初めてお祝いのケーキ作った。
Zeppの単独ライブの数日前に撮った少クラの放送があって。
Love-tuneみんなどこかワクワクしてる様子が伝わってきたなあ。

12月は少クラでThis is Love Songの初披露があった。
正装っぽい衣装で愛を伝えてくれるLove-tuneがもっと好きになった。
そしてひたすらレポを漁った湾岸live。

どれもが全部新鮮で、真田くんのファンになって楽しい2017年を過ごすことができました。

私が今年真田担として過ごした9ヶ月は、真田くんのアイドル人生の中のほんの数パーセントだけど、少しでも関われることができたのが嬉しく思います。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は1年に1度の。

Happy Birthday to YUMA

真田佑馬くん25歳のお誕生日おめでとうございます。

4月に24歳の真田くんを好きになって。
そこから今日までの7か月はとても速かったです。

初めてJr.のファンクラブに入って現場に行って。
自分の名前がチケットに刻まれるってこんなに嬉しいんだなって初めて思った。
キントレ、A.B.C-Zのバック、橋パラ、 、、

毎回欠かさず見るようになった少クラ。
DRNAMIN'‼、MOON、花言葉、T.W.L、ブラホワ、むちゅ恋、、、

真夜中のプリンス。
高尾山ロケの後輩想いのところ。
東武動物公園のパサパサ発言。


歌番組のA.B.C-Zのバックでスーツ来たプロデューサー役。

おとなりJr.のLove-tuneの熱血男。

ひとつひとつが幸せで、真田くんを好きになってから私の人生は楽しいことが多くなりました。

先日、今までの少クラを見ていたら、いろんな真田くんがいて。
クールな真田くんも、楽しそうに笑う笑顔の真田くんも少し照れてる真田くんも。

まだまだ真田くんのジャニーズ人生の1%くらいしか知らないけど、
Love-tuneになる前の真田くんをよく知らないし、もっと早くファンになってればと思うことも度々あるけれど、少しでも見守ってこれたことが嬉しい。

世間からすればもっとかっこいい人はいるかもしれないし、ダンスがうまい人もいるかもしれないけれど、私はこの人が好き。
真田くんじゃなきゃダメなんだ。

真面目で、ひたむきで、かっこよくて、余裕のある男で、努力家で、真田くんが大好きです。

25歳の真田くんが歩む道がもっと光輝きますように。

たくさんの愛のお返しをくれるから。

 

あなた達のためにもっとがんばりたくなるんだよ。

 

Love-tune Liveの余韻に浸ってます。

 

1度も公演に行くことはできなかったけど、それでも、レポを読むだけでワクワクした3日間。

 

ほっこりしたMC。

先輩方も来てくださって緊張の中の演奏。

新しいオリジナル曲の発表。

オーラスに破壊光線のCALLを2回やってくれたこと。

 

その場にいられなくても、想像するだけで嬉しくて楽しかった。

 

Love-tuneがいかにファンのことを考えてくれてるか伝わってきた。

 

胸が熱くなった。

 

ファンのことを大切に思ってくれてありがとう。

 

私がLove-tuneを知ったのは、自分の好きな真田くんがいたグループだったからで。

初めは真田くんばかりを見ていたけど、いつの間にかLove-tuneというグループ自体が大好きになった。

7人が作る、明るくて、熱くて、前向きで、優しい空気が大好きだ。

 

貪欲に前を追う、彼らをもっと見たい。

 

Love-tuneを応援していく中で、 

“もしLove-tuneがデビューできたら、自分の中で彼らを応援したいという気持ちが燃え尽きてしまうのではないか。”

なんて不安になった日もあったけど、この3日間でそんな不安は吹き飛んだ。

 

例えどんなに会場が大きくなっても、

コンスタントにCDを出せるようになっても、

TVにたくさん出れるようになっても、

彼らはきっと変わらず自己研鑽に励み、もっと高い目標を目指していくのだと思う。

 

そしてそんな彼らの向上心あふれる姿を見て、私は今よりももっと応援したくなるんだ。

手紙を書き、テレビを録画し、雑誌を買い、リクエストや感謝の投稿を出し、写真をいっぱい買うのだろう。

 

そして時には、頻度は低くなるかもしれないけど、今よりもっと大きな会場で行われる彼らのライブに行って、たくさんの愛をもらうんだ。

 

いつか私が結婚して、子供を生んで、その子が大きくなった時に、

“お母さん、このLove-tuneっていうグループが大好きなんだ。

すごく熱くて、前向きで、優しいグループなんだよ。”

みたいに話せる日が来たらいいな。

 

 

なんて、デビューしたあとの不安まで考えてしまうようなお花畑な脳内です。

 

でも、Love-tuneにはやくデビューしてほしいし、デビューしてからも、そして、デビューしたあともずっとずっと応援したいな。

誇りなのはこちらの方だよ。

 

Love-tune Live 2017 最終日。

 

ついにこの日が来てしまった...

まだまだ終わってほしくないよ。

 

チケットは無いけど、どうしてもLove-tuneと同じ空間にいたくて、Zepp向かっています。

 

いろんな方がLove-tuneの公演のために準備をしてくださり、たくさんの先輩方が見に来てくれて、PON!の取材もあり...

 

どれもが“Love-tuneのためだけに”ということがとてもありがたくて幸せ。

 

そんな幸せをくれてありがとう。

 

真田くんが、ファンのことを“誇りです”と言ってくれたけど、こちらこそ、常にファンのことを考え、楽しませてくれるLove-tuneが誇りです。

 

 

Love-tuneのファンになれて良かった。

 

今日の公演がLove-tuneにとっても、ファンにとっても一生忘れられないくらい素敵な公演になりますように!