Love-tuneが大好きでした。


私事になりますが、えぇ、少しあの、昨日の発表について、えっとー、お話しさせていただけたらと思います。

まずこういう時間をとっていただいてほんとにらじらー!スタッフの皆さま本当にありがとうございます。

 

えっと、そうですね。

えー。ほんとに昨日の発表で、えー、たくさんの方々にご心配と、えー、ほんとに悲しい思いをさせてしまって本当に申し訳ありません。

 

えー、そうですね。でも、本当に、あのー、僕たちは全員、えー、皆さまが、えー、ここまで応援してくださった、から、えー、ここまでやってこれたと思っております。

 

えー、それもありまして、えー、ま、うやむやにしたくはないという思いもありまして、会社の方とお話しさせていただいて、昨日のような、えー、発表をさせていただくことになりました。

 

そうですね、でも、本当に、うん、あのー、本当に、皆々様、皆々様、みなさまがいたから、えー僕たちは本当に夢のような、えー、景色、夢のような時間を皆さんに見せていただくことができました。

 

本当にね、それはもう感謝という一言では言い切れないような、ほんと思いなんですが、ね。

本当に僕たちを輝かせてくれてありがとうございます。

 

えー、そして、僕たち、えー、Love-tuneに関わってくれた、そして愛してくれた全ての皆さまにほんとに短い言葉で大変申し訳ないんですけども、

 

 

ありがとうございました。

 

 

「ということでね。」

「はい。いやー。」

「優斗な。」

「いやー、ちょっと。」

「気まずいな。ごめんな。」

「いやいやいや。」

「いやいや俺も思ったしあのー、」

「いやー」

「今日ね、あのー、いや優斗にね。言ったんですよ、始まる前に。」

「はい。」

「ごめんなあ、みたいなの。」

「(笑う)」

「たぶんすごくやりづらくま、いや俺言ったの。いや俺言ったんだけどね。会社の人に。」

「いやいやいや。」

「言ったんだけど、でもまあちょっと。

言ったんだよ。優斗に。」

「言いましたね。」

「そしたら、優斗はね、“大丈夫です。プロなんで”と。」

「いやいや。」

(アハハハハハ)(笑い声)

「いやーもう、私はもう」

「プロ。」

「プロフェッショナルなんでー、」

「プロフェッショナルだと。」

「もうやっぱりねー。もう、やっぱこの3月、まで。とりあえず全力で」

「うん、そうね。」

「行っちゃってやりたいなという気持ちでですね、とりあえず頑張りたいと思います。」

「そうですね。本当にあのーらじらー!にもたくさんの応援メッセージをいただけて。ね、らじらー!だけじゃないです。

ほんとうに皆さんの声は僕ら7人全員に届いていました。

これだけははっきり言わせていただきたいなっていう思いですね。はい」

 

「ほんとにもう。」

「ねー」

「ねー」

「今日も赤いニット着ちゃって、ほんとに。」

「おしゃれでしょ?今日。」

「今日おしゃれだねー!」

「今日おしゃれなんですよ。私、。」

「今日ー、だっていつもだったらー 、赤いブーツ履いたら、上違う色持ってきてたのに、もう赤いブーツに赤いニットだもん。」

「アハハ(笑) 気合いが違いますから!今日は!」

「いや、」

「気合いが違いますから、もうね。」

「プロだからね。」

「プロでございますから。」

「メンバーカラーピンクでしょ?」

「いや、ピンクですよ?」

「勝負カラー赤なの?」

「いや、今日は赤。」

「赤なんだよね。だからさ、パンツもほら、見て。」

「え、パンツ。パンツをね、そんな見せちゃダメよ。俺は別にいいんだけど?

俺が見るのはいいのよ。俺が見るのは全然良いんだけどぉ。」

「パンツがボーダーっていう」

「うん、ね。ダメだよそんなの。」

「(ティヤハハハ)」

「ダメダメダメ。馴れちゃダメよ、それに。ダメよ?」

「けろほんとにね、とりあえずー僕たち元気に。結局めちゃくちゃ。」

「そうね。」

「結局やっぱ、これまでやってきて、元気はめちゃくちゃ与えられてるじゃないですか。実際問題。」

「実際問題そうだね。」

「だからもうー、今日は皆さんを100倍元気にしたいと思うんでよろしくお願いしまぁーす。」

「さすが。ヒーロー。」

 

 

2018.12.1らじらー!サタデーより。

 

安井くんが悩みながら、言葉を選びながら、周りのことを考えながら、必死に思いを伝えようと話していることが伝わってきたのでブログに書かせてもらいました。

 

Love-tuneのリーダーなんて決めてないはずだど、仕事がある人というのは同時にメディアに出ることも多いわけで。

こんな状況でさえコメントを求められてしまうんだなあと。

安井くん、どんな時もLove-tuneの先頭に立ってくれてありがとうございました。

いつも、自身の言葉で、行動で、周囲を引っ張ってくれてありがとう。



 

Love-tuneのメンバー全員の退所。

 

このところずっと仕事がなかったから、辞めてしまうのかもという気持ちと、でもそれでも諦めたくない気持ちが心のなかにずっとあって。

そして、その結論が形になるのは唐突でした。

 

真田くんはこの発表日に退所をしてしまった。

どんなに思いを伝えたくても、もう手紙を送ることもできない。

 

ジャニショから写真が撤去されて、

情報局のユニット名が書かれたページから名前が消えて、

Love-tune関連の動画が見れなくなった。

 

あっという間の出来事だった。

 

希望なのは、Love-tune7人全員が一緒に退所すること。

一部が残って一部が退所するのではなくて、7人全員が退所するということ。

7人ならば、場所を変えてもまたステージに立ってくれると信じられるから。

 

 

そして、それと同時に後悔もしている。

私自身が、Love-tuneが一番苦しい時期に目を背けてしまったこと。

最後に事務所にLove-tune要望の手紙を出したのが8月26日。

そこから11月30日までの約3ヶ月。

 

私はLove-tuneに関して何もしなかった。

要望も送らなくなったし、過去の映像すら見返さなくなった。

 

気持ちがLove-tuneから離れてしまっていた。

 

自分がやりきった!というところまでもっともっと応援すべきだった。

目先のキラキラした景色に目をとられ、その間にかけもちとかしてた。

ごめんなさい。

 

改めて、自分は何が好きで何を大切にしたいか考えさせられた日だった。

 

もっと頑張れば良かったなんて後悔は二度としたくない。

だからせめて、あともう少しジャニーズに残る美勇人くんと安井くんの仕事を全力で応援させてください。

 

ニートニートニートいっぱい見て、

らじらー!に毎週投稿して。

2人のこの2つのお仕事のために全力で頑張りたい。

 

 

次の春になれば7人にまた会える。

もうこれで、Love-tuneにいつまで苦しい状況が続くのかわからなくて、うじうじする必要がなくなった。

 

あと4ヶ月で新しい7人に会える。

だから、それまで私も頑張ろうと思えた。

 

今度こそ東京ドームでライブ実現させようね。

 

 

愛を奏でる7人の侍。

Zeppの単独公演の前に載った雑誌でのこのキャッチフレーズが好きだった。 

 

その通りにたくさんの愛を奏でてくれた。

 

温かくて情熱的で真っ直ぐで前向きで。

Love-tuneって本当に良いグループだったなあ。

Love-tuneが大好きでした。

私の日常を輝かせてくれてありがとう。

 

 

 

 

ありがとうございました!

Love-tuneに会いたい。

 

先日行われた、MステスペシャルでのJohnny's mini Islandを見た。

 

50人超もジャニーズJr.が出るのなら、Love-tuneも出るのじゃないかと心のどこかで期待していた。

 

期待ははずれてLove-tuneは出なかった。

 

そして、見ながら今年もアイランドやるのかなあと思っていたら、案の定今年も発表された。

 

またしても、そこにLove-tuneの名前はなかった。

 

Love-tuneに会いたい。

みなさまお元気ですか?

何してますか?

 

もう雑誌にも載らなくなってしまったので、らじらー!で安井くんが近況を話すことだけが頼り。

 

私のブログの下書きに昨年の7月の記事が残っていた。

昨日とは2017年7月29日のこと。

 

昨日らじらーを聞いていて。
オープニングのあとに優斗くんが、

#nhkらじらー のハッシュタグのツイートを見ながら、

「謙ちゃんへの“Love-tune liveおめでとう”ツイートばっかり。」
「先週も謙ちゃんの誕生日だったし。」

というような発言をしていて。

 

同じジャニーズJr.という括りであっても格差があるなあと思ったし、そこへのゆうぴーの悔しさを感じた。

 

それから1年経った今では、すっかり立場が逆になっちゃったなあなんて思った。

 

どんどん新しい仕事が決まり、舞台でも良い役をもらえるHi Hi Jets、ゆうぴーと、

3月のJr.祭り以降、新しい仕事が決まらないLove-tune

 

なぜLove-tuneだけこんなに干されるんだろうか。

あんなに幸せなライブをするグループが、どうしてライブをさせてもらえないんだろう。

どうして雑誌にも載せてもらえないんだろう。

 

唯一の希望は、まだLove-tuneというグループが存在していること。

 

Love-tuneというグループが過去のものになってしまったら、もう要望葉書を書くことは出来ないし、もう二度と7人の集まった姿は見れなくなるのかもしれないと思うと、まだまだLove-tuneという名前を書くことができるだけ幸せなのかもしれない。

 

タッキーがスタッフになってくれたら状況は変わるのだろうか。

来年はまた、Love-tuneを見れるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Love-tuneを無くしたくない。

 

私はジャニーズJr.を応援しているという危機感が足りなかったのかもしれない。

 

MyojoにLove-tuneが出なくなり、らんれおみゅうとだけが出てLove-tune解散と噂された。

 

そして今日、真田くんが退所したと噂された。

 

Jr.のグループが流動的で、脆くて、突発的なことをすっかり忘れていた。

 

そして、そこに所属するタレント自身も、いつ辞めるのかわからない可能性があることを忘れていた。

 

Jr.に絶対も永遠もない。

 

噂は噂だと思っているので信じてないし、小学生の頃からジャニーズとして生きてきて、大学を卒業してもなおジャニーズであり続けてきた真田くんが、退所したなんて全く信じてないけど、いつか辞めるかもしれないというリスクは、絶えず付きまとうものであることをすっかり忘れていた。

 

 

 

Love-tuneを見たい。

Love-tuneのライブに行きたい。

 

CALLのギラギラした気持ちを一緒に感じたい。

 

烈火の自分を追いたてるような熱いパフォーマンスが見たい。

 

This is Love Songのあのキラキラした多幸感に溢れた世界にまた行きたい。

 

7人のSupermanと一緒に、おしゃれなファッションに着替えて楽しい今夜を過ごしたい。

 

萩ちゃんが作った料理を楽屋で皆で食べたり、

モロが部屋を汚して安井くんに怒られたり、

真田くんがいじられてみゅうとと喧嘩したり、

萩ちゃんがひとりマイペースに行動したり、

あらんちゃんが本番ぎりぎりに準備したり、

れおれおがおちゃらけて皆が笑ったり。

 

そんな7人のエピソードをまた聞きたい。

 

Love-tuneを無くしたくない。

 

 

 

 

 

身体中に響き渡るリフレイン

 

こんばんは。

らじらー!でI Scream Night聴いたら、昨年の夏を思い出して、ブログを書きたくなりました。

 

Love-tuneが少クラの生放送スペシャル、EXシアターでのキントレで歌ったI Scream Night。

「ボクとデートしようよ!」で真田くんが夏のデート(ナイトプール)で聴きたいとあげてた曲。

 

Love-tuneとの思い出がたくさんある曲です。

 

1年前の今日はLove-tune Live2017 の開催メールが送られてきた日でした。


f:id:r1pple:20180728225617j:image

仕事終わりにメールみてびっくりしたのを覚えてる。

 

他のグループと日替わりで公演するわけでもなく、本当にLove-tuneだけでの単独で、しかもZepp

 

嬉しかったなあ。

 

 

さらに、たしかその次の日のらじらー!は安井くんだけ大阪にいてゆうぴと中継でラジオした回。

 

Twitterでらぶ担一斉に、えびのバックだから謙ちゃん大阪にいるんだ!!って騒いだやつ。

 

私が行ったのは横アリだったけど、えび魂おもちゃ箱みたいで楽しかったなあ。

イエローマッスルガールズも見れたし🌻

 

そして、そのあとに橋パラもあったね。

ぱ☆り☆ぴ☆

この公演で、やっぱり私が好きなのは真田くんだ!って改めて思ったんだ。

 

楽しかった昨年のことを思い出すと、現場がなにもない今年の夏がほんとうに寂しくて。

 

サマパラだ!サマステだ!と盛り上がっている世間のことが正直ちょっと羨ましい。

 

 

とはいえ、ニートニートニートも公開するし、秋以降に現場があると信じて、私は私で葉書かいたり、自分にできることを頑張ります。

 

現実とアイドルとの狭間で。

 

私のアイドルへの愛はいつも猪突猛進で、重い。

すぐリア恋になっちゃうんだと思う。

 

好きなジャニーズが出来るとすぐ、Twitterのアカウントを作り、ブログを作り、雑誌を買い、出演番組を録画しては永遠と見るような生活をしてしまう。

 

ほら、今だって、本当は通勤電車のなかで新聞読まなくちゃいけないのにこうしてブログの記事を書いてる。

 

オタクでありながら、ちゃんと現実を見れる人が羨ましい。

毎日やるべきことをおろそかにせず、彼氏がいるとか、仕事で昇進するとか、オタク以外の普通の友達ともコンスタントに会うとか。

 

私はそういう風に現実とうまくバランスをとりながらオタクが出来ない。

 

一度オタクになる度に、その好きな人が自分の全てになってしまう。

 

ジャニオタになったこの1年の間で、私の行動パターンは変わってしまった。

 

もともと首都圏の田舎の地域に住んでいて、あまり東京へ行くことも無かったのに、ジャニショがある原宿が大好きになったし、雑誌のロケ地だとか目情があった場所にすぐ行くようになった。

 

何も用事が無いのに、都内に出掛けてはLove-tuneの思い出に浸ってしまう。

渋谷、有楽町、六本木。。。

つい面影を探してしまう。

 

自分にとってアイドルは非現実的な存在で、異世界の人みたいなのに、日本のどこかに戸籍があって、住民票があって、納税して、ちゃんと同じ日本人として生きていて、都内で生活してる。

目情があるたびに同じ人間であることを痛感させられ、それなのに気軽に会えないことに辛くなる。

 

いっそアニメのキャラクターを好きになってた方が幸せだったかもしれないのにと思ったこともある。

次元が違った方がまだ諦めがついたのに。

 

自分が首都圏に住んでるからこんなに愛が重くなるのだろうか、もういっそ地方に住んで物理的にもアイドルと距離を置いたほうがいいのではないかとも考えた。

 

Twitterのアカウントも消してオタ卒してしまおうかとも考えた。

 

ただ、人の人生を一部でも応援させてもらっている以上、じゃあ簡単に“はい、オタ卒します。”なんて言えない。

人の人生をいい加減になんてできない。

私には最後まで見届けさせてもらう権利と義務があるのだ。

 

 

アイドルを応援することは私の人生の全てであっちゃいけない。

私は私の人生を歩かなくちゃいけない。

 

でもどうしても重くリア恋になってしまう自分がいる。

 

どうすれば良いんだろうなあ。

そんなバランスの取り方を模索する2年目。

 

 

 

きっと君も誰かのスーパーヒーロー

 

3月25日 ジュニア祭りLove-tune単独公演に行って来ました。

 

 

改めてLove-tuneが好きだあと思ったライブでした。

 

ライブに行って、ちゃんとLove-tuneとファンが繋がってるんだなあと思いました。
一方方向じゃないんだと感じるというか。

 Love-tuneとファンがひとつになってるなあと感じました。


一体感という言葉とはちょっと違う気がするし、依存するという言葉でもないんだけど、
共生?してることを感じるみたいな?
Love-tuneにとってもファンとっても、お互いにお互いが欠けちゃいけない存在なんだなあというのをすごく感じました。


そんな瞬間があるからやっぱり応援することって辞められないなあと思います。
ものすごくあったかい気持ちになる。

 

横アリと言ってすぐに思い付くのが昨年の夏のえび魂で、えび魂で見たリフターにLove-tuneが立ってる。トロッコに乗ってる。
もうそれだけで幸せでした。

 

7人しかいない横アリ。

バックのジュニアも他のグループもいなくて。

本当に7人だけ。

 

広い会場で7人だけだって閑散としないかなあとか勝手に不安になっていたけど全くそんなことなかった。

 

CALLのHey!の合いの手とか
T.W.Lの「どーもこーもないよ」の台詞をファンが言ったときのモロの満足そうな顔とか、
「ペンラ置け~」がNo Way Outの合図だとか、
お決まりになってきたことが少しずつ増えたのが嬉しい。

 

増えていく思い出を忘れないように
半分持たせてもらってるなあと思います。

 

「喜怒哀楽でまだ喜だけやってないよね?

皆が喜ぶことやるよ!新曲やります!!」

って安井くんが言って新曲やってくれて。

 

すごく嬉しかった。

やっぱり、Love-tuneは私たちファンのこと裏切らない。期待以上のことをいつもしてくれるなって思った。

 

新曲はもう昔から知ってたような。
明るくてはっちゃけててとにかくLove-tuneに似合ってて、しっくりきた曲でした。

 

実はLove-tuneのライブに行ったのはキントレ振りで、Zeppも行けなかった、湾岸も行けなかった私は、This is Love Songの2番すら知らなくて、烈火も初めてパフォーマンス見て、本当はライブ中に少しだけ疎外感を感じていました。

知ってるのに知らない、みたいな。

 

でもね、今回はこの新曲の披露に立ち会えた。

よかったなあと思いました。

ずっとライブに行けなかったファンのことも見捨てないでいてくれた気がして。

それが嬉しかったです。

救われちゃったな。

 

千賀くんのコメントにもあったけれど、

少しずつライブ会場の規模が大きくなって、
成長と同時に寂しさも感じました。

 

そして、特にスタンド席だったからかもしれないけど、その中でも私の周りだけなのかもしれないけど、あんまり声出てないなあと思ったし自分達のまわりの人もそんなにがっついて熱狂的なタイプじゃなくて。

 

それに飲まれて自分もちょっと遠慮してしまったのが心残り。

今後はもっと声だして、頑張りたいなあと思います。

 

そんな反省を踏まえながら、次回のライブのお知らせを楽しみに待っていようと思います。

 

 

Keep on Dream on

 

真田くんを好きになってもうすぐ1年になります。

約1年応援してみて、ステージの上で輝く真田くんを見て好きだなあと思うし、こんなに会いたいと思う人って真田くんが初めてじゃないかなあと思う。

そして、初めは名前しか知らなかったLove-tuneをこんなにも好きになるなんてね。

 

日常に楽しみができた。

ちゃんとしたファンでいたいなあと思って今まで以上に身支度に気を配るようになったし、自分も仕事を頑張るようになった。

 

その反面、誰かのファンでいることは楽しいことやポジティブなことだけじゃないというのも感じた。

 

特に、気持ちとお金と時間を注ぎすぎてしまうこと。

公演が決まるとわくわくして。

チケット取るためにそわそわして。

チケット申し込んでも全滅して嫌になったこともあるし、一般発売の日に1時間くらい電話かけてもチケット取れなくて、この1時間何やってたんだ。と時間を無駄に過ごしてしまった気持ちになったこともあった。

写真とかグッズ買わなかったらもっと、貯金あったんだろうな、なんて思ったこともあった。

同い年の友達が続々と結婚し始める中、私は良い年してアイドルおたくかよって自分で自分のことが嫌いになったし、必死に応援して得たものは何?応援してる暇あるなら現実見て資格でも取ったら?なんて自分を責める時もあった。

 

特に、ここ最近ずっと応援することへのマイナス面が気になって、アイドルを応援する自分がちょっとずつ嫌になってきて、一度応援することから距離をおこうかなあと考えていた。

 

そんなモチベーションの中、週末のらじらー!で安井くんが、来週のライブでキスマイのDream onやります!
歌って欲しいところがあります!って言ってくれた。

 

歌詞を見て、泣きそうになった。

 

限りない夢を 追いかけていくから

掴みとるまで Dream on Dream on

憧れはほら その声に導かれ

辿り着くまで Keep on Dream on

 

私がこうして時に応援することが辛くなるように、私が真田くんに、Love-tuneに、ずっと輝いてて欲しいと願うことが彼らにとっても時に楽しいだけでなく、時に負担になるのかもしれないなと思った。

そんなお互いのいろんな思いを受け止めた上でのきっとこの曲なんだと思った。

 

お互いに楽しいことばかりじゃないけど、それでも彼らは夢を追い続けていくし、私はすこしでも力になりたいと思いながらそれを応援するんだ。

支え合いながらお互いに人生を歩いていくんだ。

 

こうやって彼らが私たちの応援を理解してくれて受け止めてくれて、その先の未来へ連れていこうとしてくれるから、私もまた応援させてもらいたくなるんだ。

 

安井くんのらじらー!での一言が私にあたたかい気持ちを取り戻してくれた。

やっぱりまだまだファンで居させてください。

 

横アリが楽しみだー!!!