君に会えて良かった。


2017年ももう終わりということで、今年を振り返ってみようと思います。

なんと言っても、真田佑馬くんのファンになったことが自分のなかで大きな変化でした。

4月の少クラのDREAMIN'‼にはじまり。

5月、当たるかどうかよりも、当日券の抽選の列に並ぶために通った初めてのシアタークリエ。
銀座駅からクリエに向かうために何度も通り抜けたお陰で、銀座ファイブに詳しくなった。
銀座シックスは全くわからないけど。笑

ジュニア情報局に初めて入会して、チケットの申し込み方法すらよくわからず、1公演しか申し込まなかったら見事に落選したKING'S TREASUREの公演。

そして同じくKING'S TREASUREの一般が6月。
もう無理だろうとなんども思う気持ちと、まだチケットはあるはずというわずかな希望と戦いながら、1時間電話を架け続けてようやく取れたチケット。
めっちゃくっちゃ嬉しかったなあ。

8月、ドキドキしながら六本木に行って、EXシアターの暗闇のなかで下手の後ろの方から初めて見たLove-tune
初めて生で見た真田くん。
Amazing Discoveryでセンターで踊る真田くんめっちゃ生き生きしてたなあ。
あの日の興奮は人生で忘れることはないだろうな。

さらに、たまたま会社の有給が取れて運良く見れたA.B.C-Zの横アリ。
些細なところでも真田くんが見れるだけで嬉しかったなあ。

8月ラストは橋パラ。
情報局で初めてチケットが取れて、コンビニのチケットとは違うかわいいチケットに自分の名前が入ってることにテンション上がったなあ。
真田くんが出てきたときに一気に体温が上がって興奮して、私がワクワクする人はやっぱり真田くんだって思った。

楽しかった夏の一方で、チケットが当たらず行けなかった秋冬の現場。

まさか帝国劇場の柱にあんなに必死になるなんて思わなかったなあ。
グッズ買いに行くだけなのに精一杯おしゃれして。
必死に柱を写真に収めた9月。

チケット無いのにZeppに通った10月。
Zepp Diversityというバンドグループらしい場所で、全てがLove-tuneのために準備されるということがとても幸せだった。
単独ライブが迫るにつれて雑誌のインタビューとかも増えて嬉しかったな。
どうしても単独Liveに行きたくて、葉書も書いたなあ。

真田くんのお誕生日の11月。
初めてお祝いのケーキ作った。
Zeppの単独ライブの数日前に撮った少クラの放送があって。
Love-tuneみんなどこかワクワクしてる様子が伝わってきたなあ。

12月は少クラでThis is Love Songの初披露があった。
正装っぽい衣装で愛を伝えてくれるLove-tuneがもっと好きになった。
そしてひたすらレポを漁った湾岸live。

どれもが全部新鮮で、真田くんのファンになって楽しい2017年を過ごすことができました。

私が今年真田担として過ごした9ヶ月は、真田くんのアイドル人生の中のほんの数パーセントだけど、少しでも関われることができたのが嬉しく思います。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は1年に1度の。

Happy Birthday to YUMA

真田佑馬くん25歳のお誕生日おめでとうございます。

4月に24歳の真田くんを好きになって。
そこから今日までの7か月はとても速かったです。

初めてJr.のファンクラブに入って現場に行って。
自分の名前がチケットに刻まれるってこんなに嬉しいんだなって初めて思った。
キントレ、A.B.C-Zのバック、橋パラ、 、、

毎回欠かさず見るようになった少クラ。
DRNAMIN'‼、MOON、花言葉、T.W.L、ブラホワ、むちゅ恋、、、

真夜中のプリンス。
高尾山ロケの後輩想いのところ。
東武動物公園のパサパサ発言。


歌番組のA.B.C-Zのバックでスーツ来たプロデューサー役。

おとなりJr.のLove-tuneの熱血男。

ひとつひとつが幸せで、真田くんを好きになってから私の人生は楽しいことが多くなりました。

先日、今までの少クラを見ていたら、いろんな真田くんがいて。
クールな真田くんも、楽しそうに笑う笑顔の真田くんも少し照れてる真田くんも。

まだまだ真田くんのジャニーズ人生の1%くらいしか知らないけど、
Love-tuneになる前の真田くんをよく知らないし、もっと早くファンになってればと思うことも度々あるけれど、少しでも見守ってこれたことが嬉しい。

世間からすればもっとかっこいい人はいるかもしれないし、ダンスがうまい人もいるかもしれないけれど、私はこの人が好き。
真田くんじゃなきゃダメなんだ。

真面目で、ひたむきで、かっこよくて、余裕のある男で、努力家で、真田くんが大好きです。

25歳の真田くんが歩む道がもっと光輝きますように。

たくさんの愛のお返しをくれるから。

 

あなた達のためにもっとがんばりたくなるんだよ。

 

Love-tune Liveの余韻に浸ってます。

 

1度も公演に行くことはできなかったけど、それでも、レポを読むだけでワクワクした3日間。

 

ほっこりしたMC。

先輩方も来てくださって緊張の中の演奏。

新しいオリジナル曲の発表。

オーラスに破壊光線のCALLを2回やってくれたこと。

 

その場にいられなくても、想像するだけで嬉しくて楽しかった。

 

Love-tuneがいかにファンのことを考えてくれてるか伝わってきた。

 

胸が熱くなった。

 

ファンのことを大切に思ってくれてありがとう。

 

私がLove-tuneを知ったのは、自分の好きな真田くんがいたグループだったからで。

初めは真田くんばかりを見ていたけど、いつの間にかLove-tuneというグループ自体が大好きになった。

7人が作る、明るくて、熱くて、前向きで、優しい空気が大好きだ。

 

貪欲に前を追う、彼らをもっと見たい。

 

Love-tuneを応援していく中で、 

“もしLove-tuneがデビューできたら、自分の中で彼らを応援したいという気持ちが燃え尽きてしまうのではないか。”

なんて不安になった日もあったけど、この3日間でそんな不安は吹き飛んだ。

 

例えどんなに会場が大きくなっても、

コンスタントにCDを出せるようになっても、

TVにたくさん出れるようになっても、

彼らはきっと変わらず自己研鑽に励み、もっと高い目標を目指していくのだと思う。

 

そしてそんな彼らの向上心あふれる姿を見て、私は今よりももっと応援したくなるんだ。

手紙を書き、テレビを録画し、雑誌を買い、リクエストや感謝の投稿を出し、写真をいっぱい買うのだろう。

 

そして時には、頻度は低くなるかもしれないけど、今よりもっと大きな会場で行われる彼らのライブに行って、たくさんの愛をもらうんだ。

 

いつか私が結婚して、子供を生んで、その子が大きくなった時に、

“お母さん、このLove-tuneっていうグループが大好きなんだ。

すごく熱くて、前向きで、優しいグループなんだよ。”

みたいに話せる日が来たらいいな。

 

 

なんて、デビューしたあとの不安まで考えてしまうようなお花畑な脳内です。

 

でも、Love-tuneにはやくデビューしてほしいし、デビューしてからも、そして、デビューしたあともずっとずっと応援したいな。

誇りなのはこちらの方だよ。

 

Love-tune Live 2017 最終日。

 

ついにこの日が来てしまった...

まだまだ終わってほしくないよ。

 

チケットは無いけど、どうしてもLove-tuneと同じ空間にいたくて、Zepp向かっています。

 

いろんな方がLove-tuneの公演のために準備をしてくださり、たくさんの先輩方が見に来てくれて、PON!の取材もあり...

 

どれもが“Love-tuneのためだけに”ということがとてもありがたくて幸せ。

 

そんな幸せをくれてありがとう。

 

真田くんが、ファンのことを“誇りです”と言ってくれたけど、こちらこそ、常にファンのことを考え、楽しませてくれるLove-tuneが誇りです。

 

 

Love-tuneのファンになれて良かった。

 

今日の公演がLove-tuneにとっても、ファンにとっても一生忘れられないくらい素敵な公演になりますように!

 

 

Path to glory

 

もうすぐ。もうすぐ。もうすぐ。

 

あともう少しで、Love-tune Live 2017 が開幕するよ!

 

朝からずっとドキドキわくわくが止まらない。

 

Love-tune初の単独ライブ。

 

Love-tuneがやりたいことをやれる、Love-tuneのためだけの3日間。

 

それがZepp Diversityというバンドグループにふさわしい場所で行われる。

 

こっちまで嬉しいよ。

 

絶対に良いものになる自信しかない。

 

覚悟と気合いのLove-tune

とっっっても素敵だろうな。

 

今日からまた新しい世界の始まりだ。

 

 
f:id:r1pple:20171018151659j:image

あなたのために生きて良いかな

楽しかった夏が終わり、あっという間に秋になってしまいました。

肌寒くなってきた季節に加えて、ジャニアイもLove-tune Liveも外れていまい、次にいつ真田くんに会えるのがわからないことが余計に寂しく感じます。

 

湾岸live当たるかなあ。

あわよくばLove-tune Liveの追加公演も希望!

 

私の今年の夏の締め括りは、Summer Paradise 2017 橋本ソロ充観とく?~りょうちゃんと ぱ☆り☆ぴ~公演でした。

 

個人的に印象的だったことを書いていきます。

 

今まで参加したコンサートは、ずっと会場の後ろの方だったり遠くの席でしたが、今回は初めて肉眼でLove-tuneが見れる位置で。
しかもドセンター。

良い席に恵まれました。

 

Crazy about youで始まり、2曲目のリリホワからLove-tuneが出てきて。

暗闇から、Love-tuneひとりひとりピンスポットが当たったとき興奮したなあ。

 

また、コンサートが進んでいくにつれて、長妻くんピアノ頑張ったんだなって痛感させられました。 

ムラサキとか、恋とか、暗譜で弾けるなんて、忙しいなかたくさん練習したんだろうな。

 

あとは、Love-tuneのファンが口を揃えて好きだというモロのステップに、私もつい何度も見入ってしまいました。

特にmoon light walkerの時だったかなあ。

モロのステップについ目がいって、気づいたらモロばかり見てました。笑

 

ライブ中、はっしーが何度も“Love-tuneありがとう”と言ってくれたり、Love-tuneのことを褒めてくれて。

それが本当に嬉しかったし、ありがたかったです。

  

今回の公演をみて、バックにつく真田くんを見ることの楽しさをようやく実感できました。
メインで踊る真田くんはもちろん好きですが、橋本くんのまわりで踊っていた真田くんは、忠誠心が出ていて、大好きだと思わされました。

はやくデビューもしてほしいけれど、バックのお仕事はJr.であるうちしか出来ないお仕事なので、そんな真田くんも見逃さないようにしていきたいです。

 

そして、リリホワのピンスポットについてもう少し。

真田くんは安井くんの次の2番目にピンスポットが当たったのですが。

この“1番目が安井くん、2番目が真田くん”というポジションが個人的にすごくしっくりくるなあと思っていて。

 

先陣を切って、Love-tuneというグループを外部に発信をするのが安井くん。

その一方で、外に出るためにLove-tuneの内部を固めるのが真田くん。

という構図が現れている気がして。

 

サブリーダーのポジションというか。

真田くんが2番目にいることに勝手に安心感を抱いた場面でした。

 

 

1公演しか見てないので合っているのか分からないけれど、真田くんは感情を込めて踊るしギターを弾く人だから、ダンスの手を伸ばす角度とか、跳ねながらギターを弾くとか弾かないとか、公演ごとに変わってた部分があったのかなあなんて勝手に思っています。

 

もっといろんな真田くんを見れたら良いな。

これからも応援していきたいな。

そう思った夏の終わりでした。

 

真田くんは真面目で真剣な人。

 

真田佑馬くんを好きになり、数ヶ月が経ちました。

 

A.B.C-Zのバックで楽しそうに踊る真田くんに惹かれて、真田くんのことを知り始めてから数ヶ月。

 

TV、ラジオ、雑誌、ライブ等々から真田くんがどういう人なのか少しずつ知ることができました。

 

きっと、真田佑馬という人は、超がつくほど真面目で、誰よりも真剣な人。

 

本番30分前にはお化粧も終えて準備ばっちりになってたり、

ラジオのスタジオには30分前には着いてたり、、、

 

ひとつひとつのお仕事を大切に思っていて、大切だからこそ、そのひとつひとつを成功させるために全力で取り組む人。

 

全力だからこそ熱くなって勢いが出てきて、メンバーに熱いメッセージ送っちゃうのかなと思う。

 

Love-tuneのバンド合宿で、バーベキューの準備をほとんど真田くんがやったというエピソードしかり、バンド練習をしなくて真田くんが怒ったというエピソードしかり、どんなことにも真面目で真剣な人だと思う。  

 

そんなところが好きだなあと思いました。

 

そんな風にいつも全力な真田くんは、きっと、長くステージの上で活躍できる人だと思う。

若いというだけで、キラキラしてどこかちやほやされた時期が終わっても、真面目に全力でやってきた姿勢で身に付けてきたものがきっと彼を活躍させると思う。

 

 

 これからもずっと、見守らせてください。